いつもありがとうございます。平尾石材の寺田です。今日は、ささぐり極楽霊苑様にて素敵な累代墓が完成しましたので、ご案内いたします。

【完成お写真】

 

福岡市中央区の桜坂にお住まいのお客様です。当店の社長(私の父)の友人で、昔から「お墓を建てるなら寺田くんにお願いするからね!」とおっしゃってくださっていたそうです。今回、具体的にお墓の建立を考えられ、当店へご相談くださいました。

もともとは市内で探そうかと思われていたそうですが、見学をされた際にとても気に入られ、ささぐり極楽霊苑様をお選びになりました。その際、息子様が福岡県外に住んでいらっしゃることや、高速を使用すれば市内からもすぐに行くことができる便利な環境であったことも決定打となったそうです。

今回お建てになるお墓の累代墓は、お客様と、ゆくゆくはご長男様が受け継がれます。そして横に建つお墓はお客様のご次男様が守っていかれるというご希望でこのようなお墓となりました。

早速現地確認を行い、施工が始まります!

 

mura01_1こちらがお客様がお持ちの区画です。2基のお墓を建てるので、2区画取得されています。まずは生えている雑草を処理し、床掘をします。

 

mura02床掘をし、砕石を敷き詰めて転圧をかけ、しっかりと基礎工事を行う準備をします。

 

mura03_1砕石の上に敷かれた鉄筋の上に、水抜き用の穴を確保し、生コンクリートを流し込んでいきます。オレンジ色の矢印のビニールは、コンクリートが周りに飛び散って隣接するお墓が汚れないようにするための養生シートです。

 

mura0412㎡の広い面積に、綺麗にコンクリートを流し終えました。水平に均し、仕上がったら養生シートを外していきます。

 

お墓が完成しました! 右手が累代のお墓(お客様とご長男様が守っていかれるお墓)、左手がご次男様が守っていかれるお墓です。 地震に強いお墓になるよう、耐震ボンドの使用、L字金具で補強、棹石部分には鉄芯が入っています。

 

mura06_1実は当店の社長とお客様は、社会人野球チーム「日鉄二瀬」でともに野球をした仲間、先輩後輩です。ですので、扉にはお客様のご希望された「バットとボール」、そして奥様のご希望された「お花」の彫刻を施しました。(お客様の野球に対する情熱は、現在はお孫様に受け継がれているそうです!)

 

mura07_1こちらのお墓は納骨室(土台部分)がつながっているように見えます。しかし実際は、納骨室内部は壁で仕切られています。そのため、それぞれの後方と左右に空気穴を取り付け、納骨室の換気を良くしています。

また、大変広い敷地なので、お参りの際に荷物を置いたり、休憩していただけるようにベンチも設置いたしました。

 

mura08_1当然ですが石は固く、角(尖った部分)に当たると、とっても痛いです! ですので、気持ちよくベンチをご利用いただけるよう、座った際に足に当たる面は丸面加工をして、なめらかで安心・安全なつくりにしました。

 

mura09_1こちらは背面部分です。背中合わせの墓地だと背面は見えにくいですが、お客様の区画は背面も見える位置ですので、背面もこだわったデザインを心がけました。長さも厚みもしっかりとした立派な1枚石で、御兄弟のお墓をひとつにするイメージの背板を付けました。納骨室の天井になる天板(約2m弱)も1枚石でおつくりしました。

 

mura10_1お線香とロウソクを備える香炉は、扉式になっています。普段は閉じておけば、内部があまり汚れることもありません。また、左右と後ろに壁があり、前方には開けた扉があるので、お参りの際に火が消えにくく、とてもお喜びいただいているデザインです。お線香をお供えした状態で扉を閉じても、扉に格子状の加工をしていますので、煙が逃げるような仕組みになっています。

完成したお墓を見て、お客様には「理想通りのお墓になったよ! 大好きな”野球”の彫刻を、ともに頑張ってきた寺田くんに施してもらって、とても感慨深い。寺田くんにお願いして良かった!」とお喜びいただきました。 奥様には「主人の野球の彫刻と並んで、希望のお花の彫刻をしてもらえて嬉しいです。ありがとうございました」とお喜びいただきました。

父のご友人であるお客様にお喜びいただき、ホッと致しました。何度も打ち合わせ等でお話をお聞かせくださってありがとうございました。今後、お参りの際にお気付きになった点や、お困り事が出た際には、いつでもご連絡いただければと思います。また、お住まいが、当店のとてもお近くにありますので、店舗の方へも、いつでもお立ち寄りください^^