こんにちは^^ 福岡県一円で、お墓のお仕事をさせていただいています、平尾石材店の寺田公平と申します! 平尾霊園にて、お墓の解体・お墓じまい工事が完了しました。その様子をご紹介いたします!

h-ba-1011-2

 

ずいぶん前から当店をご存じいただいているお客様で、4年程前に一度「お墓じまいをしたいのですが」とお見積りをいただいたことがありました。その後、ゆっくりとご検討いただき、今回、ご依頼いただくことになりました。 お墓の跡継ぎ様がいらっしゃらないということで、仏様はすでにお寺様の納骨堂(永代供養)へ移動されています。

お客様のお墓は、入口をフラットにするため、お墓の背面から入って正面からお参りをする設計をされていました。(近年、平尾霊園ではお墓の向きを変え、フラットで、正面からのお参りが可能なお墓が増えてきています)

 

こちらがお墓の正面から見たお写真ですが、高低差がとてもあり、土留めの石がとても高く積んであるのがわかります。

 

お墓の本体です。山口県産の徳山石でつくられた立派なお墓です。お掃除もこまめにされていたそうで、とても綺麗に保たれています。

 

005ひとつずつ、狭い場所でも使用することのできるコンパクトな重機(カニクレーン)で石を吊り上げながら外していきます。

 

006お墓を全て取り除くと、このように納骨室が見えます。壁の厚みがしっかりとある、素晴らしい基礎工事の跡がうかがえます。(お墓が建ってしまえば見えなくなる部分ですが、手を抜かずにしっかりと作業することで、頑丈で丈夫なお墓になるのです!)

 

007納骨室を全て取り除くと、このように周りにブロックがしっかりと積まれている状態でした。こちらもひとつひとつ取り除いていきます。

 

009取り外すと、このようにたくさんのブロックが!!! お見積り時には、このようにたくさんのコンクリートが使用されていることは分かりませんでしたので、掘ってみてビックリしました^^;

 

008h-ba-1011-3お墓の正面部分の壁はこのように頑丈につくってありました。お墓や土の重さだけでなく、人が上に乗ってお参りをするよう設計されていますので、圧に耐えることのできる、頑丈なつくりです。

 

010無事に石やコンクリート、ブロック等のすべての撤去が終わり、土嚢を積み上げて完了です。通常はそれで完成なのですが、次の方が使用されるまで数年そのままになる可能性が高いため、お隣と隣接している部分は芝を貼って補強しました。長い年月、更地の状態で置いておくと、土が流れ出てしまうことがあります。それを防ぐために芝を貼ると、芝が根を張り、土が流れ出にくくなるのです。

 

002お墓じまいが完了しました!

お客様には「お墓のことが気になっていたので、無事に更地にしてお還しすることができてよかったです。最初の見積りから時間が経っていたので申し訳なかったですが、4年前と変わらず親身になって対応していただけて、ありがとうございました。お世話になりました」というお言葉をいただきました。

お客様は、打ち合わせ時に近くの喫茶店にてお昼ご飯を御馳走してくださったりと、こちらこそ大変お世話になりました! 大切にされているお墓を撤去することは、当初「とても寂しい」とおっしゃっていましたが、お墓じまい後には「安心した」というお言葉を多くいただき、当店もホッといたしました。

お墓の跡継ぎがいない、遠方に引っ越してしまいお参りが出来ない、などをはじめ、様々な理由でお墓を受け継いでいくことが難しくなってしまった方。お墓じまいについて、どう進めて良いか分からずお困りの方。どのようなご相談でも、しっかりと親身になってご対応させていただきます。どうぞお気軽にご相談ください!