こんにちは! 福岡県一円で、お墓のお仕事をさせていただいています、平尾石材店の寺田公平です! 福岡市東区香椎にある律院公園墓地にて、お墓の彫刻文字の色入れ直しを行いました。その時の様子をご紹介いたします^^

施工前後のお写真

 

ご相談いただいた経緯とご要望

知人からのご紹介で、ご相談をいただきました。「建立から30年以上が経っているお墓ですが、色が落ちてしまっているので、色の入れ直しをしたいです」とご依頼いただきました。早速、お客様立ち会いのもと、お墓へ確認に行って参りました!

今回お伺いしました、福岡市東区香椎にある律院公園墓地です。とても見晴らしが良く、この日は天気が良かったので、とても清々しい気持ちでした^^

 

お客様のお墓へは、こちらを通って行きます。

 

こちらがお客様のお墓です。石塔正面の家名、水鉢正面の家紋、法名塔の色が落ちてしまっています。

 

こちらは石塔の背面部分です。こちらには建立年月日とお施主様のお名前が彫刻されています。こちらも色が落ちているため、見えにくい状態でした。

 

水鉢の正面の家紋も色が落ちてしまい、家紋がよくわからない状態です。

 

法名塔の額字部分もこのようになっています。

 

法名塔に彫刻されたお名前も見えない状態でした。

お客様は、以前と同じように黒色での色入れ直しをご希望でしたので、その内容にてお客様にお見積り書をお渡ししました。ご納得いただいてから、作業を行いました。

 

お墓文字色入れ直しが完了しました

遠目からみたお墓です。このようにはっきりと見えるようになりました。

 

専用の薬剤を使い、古い塗料を一旦全て綺麗に落としてから、新しい黒色を入れています。30年程前のお墓なので、彫刻部分はまだまだしっかっりとしています。色を入れ直すだけで、このように綺麗になります。

 

近付かなければ見えなかった彫刻部分も、はっきりと見えます。

 

水鉢正面の家紋です。色が落ちていたことと、個性的な家紋で、詳細が分かりにくかったのですが、お客様に見せていただいた見本を参考に色入れ直しを行いました。

 

法名塔の額字部分も、このようにはっきりと見えるようになりました!

 

法名も黒色を入れ直しました。細くて小さな文字もありますが、しっかり深く彫られていることもあり、色が綺麗に入りました。

 

工事を終えて・・・

仕上がりの確認は、ご高齢なこともあり、お客様のご要望で、施工前後がはっきりとわかるお写真をお宅へお持ちして確認いただきました。仕上がったお墓のお写真をご覧になって、「文字がはっきりと見えるようになって嬉しいです」とお喜びいただきました^^

当店は現地へ確認に伺う際、お墓の現状を確認し、改善が必要ではないかと思う点などを一緒にお伝えしています。これは、「絶対にこの施工もした方が良いですよ!」というよりは、石材店としてプロの目線でお墓の点検をすることでお墓の現状を知っていただき、いつ対策をとるのがベストか、ということをお伝えできればという想いからです。すぐに対策が必要なほど劣化が見られるお墓である場合、お参りを続けられるとお墓の大きなズレや倒壊などで怪我をされてしまうこともあるかもしれません。そのような場合には、どのような対策が、どのようなご予算でできるかプランをいくつか具体的にご提案できますし、逆に、「今すぐの対策は必要ないけれど、こんな点が見られるので、今後こんなことを気を付けて見ておいてください」といったアドバイスをお伝えすることができます。

今回、お客様のお墓も傾き等が見られましたので、その点をお伝えしてしています。「また近々相談させてくださいね」と、お言葉をいただきました^^ みなさんが、安心してお墓参りをしていただけますよう、今後もしっかりと石屋としての知識をフル活用でご対応していきたいと思います。

文字色入れ直しに関する記事

●山口県産徳山みかげを使用したお墓への追加彫刻、石塔・法名塔・家紋の文字の色入れ直しが完了いたしました。福岡市営平尾霊園にて
●法名塔の傾き直し、金箔色入れ直し、外柵(縁石)の修繕が完了いたしました。福岡市営平尾霊園にて
●平尾霊園にて、お墓の外壁の修理と文字の色入れ直し、植木の撤去、納骨室の清掃をさせていただきました。すべて山口県産徳山石で作られたお墓
●お名前の追加彫刻と建立者名の金文字入れが完了。関東にお住まいのお客様、福岡県古賀市の地域墓地にて
●平尾霊園にて、棹石と法名碑の金箔の入れ直し、納骨室の目地修理と洗浄をさせていただきました