こんにちは! 福岡県一円で、お墓のお仕事をさせていただいています、平尾石材店の寺田公平と申します。福岡市平尾霊園の11区にて、お墓じまいの工事をさせていただきましたので、その様子をご紹介いたします!

施工前後のお写真

 

ご相談いただいた経緯

今回のお客様は、お住まいは関東でしたが、平尾霊園にお墓をお持ちでこれまでお参りをされて来られました。ですがお住まいから遠いということで、新しい納骨先をすでに用意されていましたので、今回そちらにご遺骨をお引越しして、平尾霊園のお墓はお墓じまいをしたいと考えておられました。当店のホームページをご覧になって、平尾霊園に近く、お墓じまいの施工例も多いということで、昨年秋のお彼岸に福岡にいらっしゃったときにご来店くださり、ご相談をいただいていました。

その際ご一緒にお墓を見に行き、特別に急がないということでしたので、それ以降お見積りを差し上げたり細かい打ち合わせなどのやり取りを重ねて、今回お墓じまいをお手伝いさせていただくことになりました。

 

こちらは施工前のお墓です。昨年秋に現地確認をしにご一緒したときのお写真です。お墓のある11区は、霊園入り口より入ってすぐのところにあります。

 

お墓の解体に入ります

お墓の解体作業に入ります!

今年5月に再度福岡にお越しいただいた際に、ご遺骨を取り出してお引越しをしました。洋型墓石の墓石と台座の部分を取り除き、納骨室の蓋石も取り除いた状態です。しっかりとした作りのコンクリートの納骨室でした。この納骨室もすべて取り除きます。

 

納骨室もお墓の石材もすべて取り除いて、搬出するところです。取り除いてみるとこれだけのものが使われていたのが分かります。

 

こちらは、外枠のブロック部分を解体しているところです。まずは土を掘り下げて取り除いてから、周りのブロックを解体していきます。お墓の解体処分のときは、お隣の墓地にご迷惑がかからないよう、特に隣接している壁の部分等は、内側に向かって倒れるようにするなど細心の注意を払って取り外していきます。下の印は入り口の部分です。こちらから土を搬出しますが、参道が汚れないように板を敷くなど養生をして作業します。

 

お墓じまいが完了しました

お墓じまいが完了しました!

今後この墓地を使用される方のために、きれいな土を入れ直して表面をならしました。土が雨などで流れ出ないよう、土嚢で土止めをしています。この状態で、平尾霊園の管理者である福岡市に墓地を返還します。

 

今回の墓地はこのように角地でしたので、土嚢はこのように積んでいます。数年の間維持できれば大丈夫ですが、その間にも土嚢が倒れたりしないよう、内側に少し傾斜がつくように、きれいに重ね合わせながら積んでいます。

 

お墓じまいを終えて・・・


すでにご遺骨のお引越しも済んでいるので、関東にお住まいのお客様にはメールで工事完了のご連絡を差し上げて、完成のお写真は郵送させていただきました。主にご相談くださっていたのはご主人様でしたが、ちょうど海外にご旅行されているということでしたので、奥様とお話をさせていただきました。後日、お帰りになられたときに、最終のご確認のお電話をいただける予定です。

今回のお客様は遠方にお住まいでしたので、お越しいただいたり直接打ち合わせをしたりといったことは限られた回数しかできません。ですので、福岡にお越しになるときにスムーズに打ち合わせや作業が運ぶように、段取りを考えてお手伝いをさせていただきました。その甲斐あって、当初のご予定通りにお墓じまいを完了することができました!

最近は、お客様のご負担が少なくなるように、お客様のご事情や状況などに合わせて、連絡の方法から打ち合わせの仕方まで、柔軟にご対応ができるようになってきたかなと感じております^^ どうぞ安心して、まずはご相談をいただければと思います。