こんにちは^^ 福岡県一円で、お墓のお仕事をさせていただいています、平尾石材店の寺田公平です。福岡市城南区の田島墓地にて、お墓じまい作業を行いました。その際の様子をご紹介いたします。

施工前後のお写真

 

ご相談いただいた経緯と状況

ご依頼くださったお客様は関東地方にお住まいで、もう福岡に戻ることがないため、ご実家のお墓じまいをご希望で、知人の方よりご紹介をきっかけに当店へお問合せをくださいました。 ご相談いただいた情報や、墓地の管理会への連絡もしっかりと行い、間違いがないことを確認の上、見積りのため墓地へ行って参りました。

 

こちらがお客様のお墓です。まだとても綺麗な状態です。お客様からのお話で、ご納骨されているお骨壺はないということでした。

 

見積りの際に、お墓の大きさや石の量、コンクリートブロックの量(矢印部分:お墓の下のコンクリート部分。お墓手前の土間の部分とつながっています)をしっかりと確認をします。

 

お客様のお墓とお隣のお墓の外柵の部分が接している状況(矢印の部分。左側の植栽があるお墓がお客様のお墓)ですので、このあたりの解体はとても繊細に行う必要があります。

お墓の状況を確認後、見積り内容を知人の方経由(お客様のご希望)でお伝えしました。その後、正式にご依頼をいただきましたので、お墓じまい作業が始まります!

 

工事の様子

こちらはお墓手前のコンクリート土間の部分を、掘削機を使用して解体している様子です。

 

鉄筋入りのブロックや基礎も解体し、廃棄する為にコンクリートと土と仕分けをしています。

 

建ってしまったお墓は、基礎や内部がどうなっているか見えません。他社様で建てられたお墓のお墓じまいのご依頼をいただき、解体を始めてみると、お墓によっては本当に解体に苦戦することがあります。そのたびに、「うわぁ~、ものすごく頑丈に作られているなぁ!」としみじみ感じながら作業をさせていただいています。今回のお客様のお墓も、鉄筋がしっかりと使用されており、掘削作業が大変でした。ということは、「とても丁寧に作られた良いお墓だった」ということになります。

お墓を建立されたお施主様、お墓じまいをしなければならず残念なお気持ちであろうお客様、そして丁寧に丈夫なお墓を建てた職人さんたちの気持ち・・・様々な想いをしっかり受け止めながら、作業を進めます。

 

全ての大きな石やコンクリートが取り除かれた状態です。この後、細かな石を取り除き、整地します。

工事完了です

真砂土を入れたら完成です。(季節柄、樹木の多い墓地のため、枯葉がすぐにたくさん落ちてきます…^^) お客様は遠方にお住まいのため、確認はお写真等をお送りし、後日、知人の方にも現地でご確認いただきました。

今回ご依頼いただいた田島墓地は、平尾石材店から車で10分程度のところにあります。今回のご依頼も含めて、ここ数年で2件のお墓じまいをご依頼いただきました。今回のお客様のように、もともと福岡にお住いの方で、進学やお仕事の都合で関東や県外に行かれ、そのまま戻らないといったご事情でのお墓じまいのご依頼をいただくことが多々ございます。

「現地に直接確認に行くのが難しい」「遠方のためどんな石材店か確認に行けない」など、遠方ならではのご不安をお持ちの方も多く、そういった方にも安心してご相談いただけますよう、今後もしっかりとホームページなどで発信を行い、少しでも皆様のお役に立てる石材店であり続けたいと思います。