こんにちは! 福岡県一円で、お墓のお仕事をさせていただいています、平尾石材店の寺田公平です。平尾霊園にて、お墓の管理が難しく草が伸びてしまったお墓のお墓じまいが完了しましたので、ご紹介いたします!

 

 

ご相談いただいた経緯と状況

今回のお客様は、霊園前にある当店のことはご存知でいてくださっていて、ホームページからご連絡くださいました。状況としては、ずいぶん前にお墓を準備されたもののご納骨されていないのでお参りに行く習慣もなく、草が伸びてしまっていて、時間も経ったためズレが生じてきてしまっていたりする状態でした。今後のことを考えるとお墓の維持管理が難しく、お墓じまいをしようと思われたそうです。

 

ご相談を受けて、実際にお墓にうかがいました。うかがった通り、確かにかなり草が生えてしまっていました。

 

ご納骨をしていないお墓ということでしたので、頻繁にお参りに行く習慣がないというのは仕方のないことだと思います。

お見積もりを差し上げて、ご納得いただいてから工事に入ります。ただ、今回は当店の工事の予定が込み合っていたため、お客様にはご依頼をいただいてから数ヶ月お待ちいただくことになってしまいました。お待たせして申し訳ありませんでした。

いよいよ工事日を迎え、工事に入ります!

 

 

工事の様子

まずは作業しやすいように草を刈りました。お墓の石塔部分から順番にひとつずつ取り除いていきました。これは台座の部分を吊り上げて撤去しているところです。

 

お墓の本体部分をすべて取り除きました。 このあと日をあけて、納骨室部分や基礎を解体していきます。

 

日を改めて、納骨室の解体工事に入ります。このようなしっかりしたコンクリートの型枠で流され作成された納骨室がありました。掘削してバラバラにし、搬出します。

 

コンクリートの部分をきれいに取り除いたところです。この状態になるまで一日以上かかります。

 

外回りの外柵のブロックを取り外しているところです。外柵が外側に倒れるとお隣のお墓にぶつかってしまいますので、内側に倒せるようにまずは中から土盛りの土を撤去していき、それから外柵を取り除きます。周りのお墓に迷惑がかからないよう、境界部分は特に注意を払って作業していきます。

 

工事完了です


お墓じまいの工事が完了しました!

土を取り除いてそのままの状態にしておくと、雨で土が流れ出てしまうので、傾斜部分にはこのように土嚢を積み上げておきます。また、こうしておくと、来年以降に再募集がかかって次に利用される方が基礎工事に入る際工事に入りやすいという理由もあります。

 

お墓じまいを終えて・・・

お客様には終了の様子を写真でご郵送して、ご確認いただきました。長年管理が大変だったそうなので、これで心配の種がなくなりホッとされたことと思います。

様々なご事情でお墓じまいをされる方は増えてきています。ただ、お墓じまいに限らず、「どうしたらいいのか分からない」という状況でも、率直にお困りの内容をご相談いただけるとうれしいです^^  お困りの状況を伺って、どうするのがお客様にとって一番良いのかをご一緒に考え、お手伝いできればと思います。