こんにちは! 福岡県一円で、お墓のお仕事をさせていただいています、平尾石材店の寺田公平と申します^^ 福岡市立平尾霊園にて、佐賀県産天山石とインド産アーバングレーを使用した、6平方メートルの洋型のお墓が完成しました! その様子をご紹介いたします^^

【完成したお墓のお写真】

 

平尾霊園近くにお住まいのお客様(ご夫妻様と娘様)は、当店のホームページをご覧になり、私どもが準備している参考資料をご請求くださったことがきっかけで、今回のご縁をいただきました。 お客様ご自身で、インターネットにて全国のお墓づくりについて調べ、さまざまな知識をお持ちでした。

その結果、「石にこだわりたい。国産の石でお墓を建てたい!」というご希望がまず一番強くありました。 そして、「洋型のお墓にしたい」ということ、そして「門柱・灯籠が欲しい」というご希望でした。その他にも、お客様の様々なご希望を全てお伺いし、ご予算の範囲内で、どのようなお墓にするかを何度も打ち合わせ、いよいよ施工が始まります!

 

こちらがお客様のお持ちの墓地です。平尾霊園は区画内の傾斜がかなりあることが多いですが、こちらは高低差が少ない墓地です。

 

こちらが背面からの写真です。平尾霊園では、お墓の正面を背面側にすることで、フラットなお墓づくりも人気ですが、周りのお墓との調和も考え、今回は正面からお建てすることになりました。

 

基礎工事や耐震施工を経て、お墓が完成しました!
2~3段程の階段をつけると、後々、ご高齢になられた際にお参りしにくくなることが予想できますので、なるべくフラットになるようなデザインにしました。 ただ、お墓の一番手前(1段目)の踏み石部分は”フラット”というには少し段差があります。その理由はお墓をご予算内でお建てできるようにするためです。石塔部分は国産の石であったり、門柱や灯籠もご希望されていましたので、全てフラットなつくりにすると、門柱の高さが高くなったりと、石の量が増え、費用が高くなってしまうのです。

長年お墓づくりをさせていただいてきて、お客様のご希望を全て叶えようとすると、ご予算に収まりきらないことがほとんどです。そこから、「どうやって予算内に収めながらも、ご満足いただけるお墓に出来るか」を試行錯誤し、デザイン(石のカット数や加工の仕方・量でも費用が変わる)や、石の量(使用する量が多ければ多いほど費用も高くなる)を調整することで、ご希望のデザインを維持しつつも、なるべくコストダウンできるよう工夫しています。

 

石塔、花立て、線香立て、拝石(お参りがしやすいようお墓の手前に敷いてある板状の石)は、「国産の石を日本で加工してほしい」というお客様のご希望がありましたので、国産の佐賀県産の天山石を使用。そして地元佐賀県で加工しました。「シンプルなデザインで」というご希望もいただいていましたので、すっきりとした、ベーシックな洋型のお墓のデザインとなりました。

 

墓石の右上部の角を写しています。(左側が正面になります) 磨きも綺麗に仕上がり、天山石の綺麗な石肌が見えています^^

 

納骨室の扉部分です。高低差がある墓地に納骨室をおつくりしましたので、通常でしたら納骨室の背面や左右の壁にとる空気穴を配置することができません。そこで、空気穴を前面に取り付け、納骨室と太いパイプで繋げて換気をしています。 納骨室の天板からはインド産のアーバングレイにてお作りしています。

 

灯籠をご希望されていましたが、お客様のお墓が洋型ですので、雰囲気に合うよう少し洋風な、可愛らしいデザインにしました^^ 門柱は、この大きさの石を1本用意するのはご予算の関係上難しいですので、石の使用料を減らすために、筒状(四方に石を貼り合わせて)になっています。パッと見ただけでは分かりにくいですよね!^^

 

1段目の踏み石は、1本線を入れる加工をしました。この加工を施すことで、かなり洋風なデザインになっています。門柱にも同様にラインを入れてありますので、お墓全体に統一感も出て、良い仕上がりになりました。

 

お墓の背面から見たお写真です。 ご覧いただいてお分かりいただけるように、福岡の景色が一望できる、素敵な場所にあります!

出来上がったお墓をご確認いただき、ご主人様には「良い仕上がりで、感謝しています。」と、そして奥様には「階段じゃないデザインを提案してもらえてよかったです。足元が広々としていてお参りしやすく、掃除もしやすそうで安心しました。」というお言葉をいただきました^^

また、今回、事前の打ち合わせや様々な当店とのやりとりは娘様が中心にされていました。娘様は九州の某有名大学を卒業されていて、沢山本を読まれたり、とても博学で、打ち合わせをさせていただきながら、『僕の日本語、大丈夫かな…』と、正直ちょっとドキドキしながら営業をしましたが(笑)、「予算のことなど難しいことも多々あったと思いますが、国産の石にこだわりたいという我が家の想いをしっかりと取り入れてくださってありがとうございました。家族で大切にしていきたいです。」と、お喜びいただきました!

お墓づくりの最中に、工場でのお墓加工中のお写真をお送りしたり、完成後、当店が国産の石にてお墓を建てた際には必ず発行をしています「産地証明書」を発行し、大変喜んでいただけました。お客様ご家族は宮崎ご出身で、お墓への想いも強く、いろいろと事前に調べていらっしゃったりと、お墓づくりのお勉強をたくさんされて、こだわりをお持ちでした。そのようなお墓づくりに携わることができて、当店もとても嬉しく思います!

ご近所にお住まいですので、霊園にお参りにお越しいただいた際には、ぜひ店舗へお立ち寄りいただき、近況などお話お伺いできればと思います^^