こんにちは! 福岡県一円で、お墓のお仕事をさせていただいています、平尾石材店の寺田公平と申します。福岡市平尾霊園にて、お墓文字の色の入れ直し、拝石交換、墓誌の傾き直し、玉砂利の引き直し等が完了いたしました。その際の様子をご紹介させていただきます^^

 

約5年程前、ご家族が亡くなられた際に、追加のご彫刻をさせていただいたことがご縁で、今回またご相談をいただきました。現在ご夫妻様は神奈川県にお住まいです。今回は福岡が地元である奥様のご家族が亡くなられ、ご納骨をされる前に、「お墓を綺麗にしたい」と、リフォームをご希望でした。

施工前のお墓です。まず、砂利が減ってしまっているのがわかります。「砂利を新しく入れて欲しい」というご希望をいただきました。

 

お墓の前に踏み石(拝石)があるのですが、「コンクリートのままで見た目がよくないんです。」と、お困りでしたので、「新しく石を貼るのはいかがでしょうか。」とご提案をしました。

 

棹石に書かれているお名前は、黒い塗料が薄くなってしまっています。

 

背面の文字も同じく薄くなっています。「どちらも色を入れ直したいです。」とご依頼をいただきました。

 

お墓横にある墓誌は、支えるために据えてある根元の石が傾き、大幅に右に傾いてしまっています。こちらも修理をご希望でした。

お墓を確認した感想は、「綺麗に管理されているなぁ」です^^ 今回お困りでご依頼いただいた内容などはあるにしても、綺麗に掃除をされているのが伺えました。 遠方にお住いのお客様にお墓の現状のお写真をお送りし、どこをどう修理するのか、しっかりと確認(お客様の望んでいない施工をしないために)をした後、施工に取り掛かりました。

 

踏み石(拝石)部分は、このようになりました! お墓に使用されている石と同じ石を使用。もともとあったコンクリートの上に貼りました。お墓と同じ寸法で仕上げ、とても綺麗になった上に、強度も上がりました!

 

棹石部分の文字色は、薄くなった黒を全て一度落とし、新しく入れ直しました。ハッキリクッキリ、お名前が見やすくなりました。

 

背面の文字色もこのように綺麗になりました。

 

石は想像よりも重たいため、墓誌を支えている根元の石だけでは支えきれないのだと考えましたので、根元の石の下にさらに1枚、石を据え、しっかりと固定しました。

 

玉砂利も新しく280kgほど追加で上から入れ直し、完成しました! お線香立の部分が、石に穴を直接あけてあるタイプのものでしたので、使い勝手の良いステンレスのお線香立&ロウソク立てをプレゼントさせていただきました。

無事にご納骨もお手伝いさせていただき、奥様に「コンクリートのままだったのでとても気になっていた踏み石がとても綺麗に仕上がっていて、嬉しいです! 無くなってしまっていた砂利も新しく入って、お墓全体が明るくなりました。遠方からでしたが、不安なく対応いただけてありがとうございました!」とお言葉をいただきました。

実は今回、外柵の部分もクリーニングをご希望されていたのですが、外柵が左官の洗い出し仕上げで、老朽化が進んでいたため、高圧洗浄など圧力をかけて綺麗にすると、石自体がボロボロになってしまうのではないかと思い、そのことをきちんとご説明し、施工はしないことにしました。正直にお話すれば、一時的には綺麗になるでしょうから、石屋的にはご依頼いただいたほうが嬉しくはある案件ですが、その後、外柵が良くない方向に向かうのではということが分かっていながら、その施工を承ることはしたくありません。 今後、「どうしても気になる!」という場合には、どのようなご対応ができるか、最善の案をご提案することが出来たら良いなぁと思います。

お店へご来店いただいた際、とめてあった私の自転車に、自転車好きのご主人様が反応され、大いに盛り上がったのも良い思い出です^^ 納骨式があるからとはいえ、遠方からはるばるお越しいただき、当店へもお立ち寄りいただき、ありがとうございました!!