平尾霊園に、存在感のあるインド産アーバングレーのお墓が完成。

こんにちは! 福岡県一円で、お墓のお仕事をさせていただいています、平尾石材店の寺田公平です♪  今回は、福岡市立平尾霊園にて、インド産アーバングレーの存在感ある立派なお墓を建立させていただきました!

 

完成したお墓

【平尾霊園 新設 インド産アーバングレー】

 

ご相談の経緯とご要望

「平尾霊園でお墓を建てたい」というお客様からお電話でご相談をいただきました。お電話で区画やご希望を伺い、こちらで現地を確認してからひとまずたたき台となる設計図やお見積りをご提案しましたが、お客様は当初「お墓作りって、何から始めたらいいの・・?」という状態でした。

そこで、ご一緒に霊園内を見学して、お墓の形やデザイン、石の種類などについても色々とご覧いただきました。お客様は、日本の銘石と言われる石もとても気に入っておられたのですが、お墓を建てるのが霊園の中でもとても広い敷地だったことから石の使用量が大きくなるので、使用する石によって費用面で大きな違いが出てきます。ご予算にも叶う石でいくつかお見積りを差し上げて、工事をお任せいただけることになりました。

 

 

完成したお墓のご紹介

こちらが完成したお墓です。横に長く、ボリュームがあって重厚感のあるお墓です。ご一緒にお墓を見てまわるうち、「横型がいいな」という大まかなご希望が出てきたので、いくつかパターンをお出しして、その中から選んでいただいたものを少しずつ改良していき、最終的にはこのデザインに決定しました。

 

使用した石は、インド産のアーバングレーという石です。青味の強い石で落ち着いた上品な雰囲気があり、福岡で建てられるお墓の中では一番人気です。正面文字は「感謝」という言葉です。文字は銀色の箔を入れています。当社の施工例にあるものを気に入っていただけました。

 

正面は大きな額加工になっていて、額の奥は緩やかな曲線、その後ろに背板があることで存在感が増しています。

 

香炉は、場所によってわずかに厚みの違う繊細なデザインです。存在感のある香炉ですが、お墓の随所にある緩やかな曲線とピッタリですね。

 

花立は、前面に家紋を入れ、正面文字と同様に銀色の箔を入れて仕上げました。

 

台座は側面と前面に、高級感のある亀腹加工を施しました。本来なら四方を加工するのですが、今回背面は背板と一体に施工しています。

 

納骨室です。納骨室内の換気を良くするために、左右と後方に換気口を取り付けています。天板は角に大きくアールをとったデザインです。また、今回はお客様のご希望で、お墓全体にわたって1cmほどの丸面取りをして仕上げています。手を置いたり触れたりしても安全ですし、見た目もとても美しい仕上がりです。

 

お墓左手のベンチ兼物置きです。入口の門柱も兼ねています。こちらも丸面取りをしているのであたりがよく、安全に腰を掛けていただくことができます。

 

ベンチの下は観音扉になっており、十分な収納力のある物入になっています。お参りに必要なちょっとした道具や、お掃除用品などを置いておくことができます。

 

ベンチの正面には墓誌を設置しました。こちらも銀色の箔を入れています。彫刻した文字が見えやすいよう、2行に分けてご戒名を彫刻しました。

 

墓誌の頭は2重のアール加工で柔らかい仕上がりです。こちらもすべて、丁寧に丸面取りをしています。

 

草が生えない全面石貼りで、白く見える部分はサンドブラスト仕上げのすべり止め部分です。今回のお墓は敷地がとても広く、お参りのため歩くスペースも広いので、ちょっとした雨や湿気などで転倒することがないよう、しっかりとすべり止め加工をした十分な広さのお参り部分を確保しました。同じ石でも、ブラスト加工をすることで磨き仕上げの部分と色の違いが生まれるため、お墓全体のデザインにもなっています。

 

お墓作りを終えて・・・

ご納骨の当日です。ご家族皆様がお越しくださって、ご法要も無事に終えました。お父様のご命日にあわせての納骨法要だったのですが、コロナの関係で予定がなかなかスムーズに進みにくい時期にも関わらず、無事に法要を迎えることができてよかったです。

今回は、主にやり取りをさせていただいた息子様からお母様のご意見を伺って、手を加えたりご提案を差し上げたりしてのお墓作りでした。お客様はお母様のご意見をとても大切にされていて、完成したお墓にお母様が喜んでくださっているご様子が、お客様の喜びになっているようでした。とても素晴らしいご家族だなあとあたたかい気持ちになった、印象深いお仕事でした。このたびは当店にお墓のご用命をいただき、ありがとうございました。何かお困りの際は、またいつでもご連絡くださいませ。