こんにちは! 福岡県一円で、お墓のお仕事をさせていただいています、平尾石材店の寺田公平です。ささぐり極楽霊苑に、桜の花びらと2色の色遣いが印象的な素敵なデザイン墓石が完成しましたので、ご紹介します!

 

完成したお墓です

インド産ニューインペリアルレッド(赤御影石)・中国663(ピンク御影石)

 

ご相談いただいた経緯とご要望

ささぐり極楽霊苑にて、デザイン墓石を建立させていただきました。墓地から探されて霊苑にお越しになり、敷地もすでに決めれられていました。

 

こちらが、お客様がお求めになったささぐり極楽霊苑のわかば区です。区画の入り口に数台分の駐車場があります。

 

霊苑内の高い場所にあるので、眺めもとても良い区画です。こちらの霊苑には、和風や洋風など様々なテイストの区画があり、それぞれ花の名前が付けられています。

 

こちらはお隣のすみれ区と共用の水場です。レンガのおしゃれな水場で、手桶などもきちんと用意されていて、いつも清潔にされています。

 

こちらの区画は参道がカラー舗装になっています。フラットで歩きやすく、水はけが良いので雨の日でも足元を気にせずお参りできます。明るく清潔な雰囲気は、洋型のお墓にぴったりです。

ささぐり極楽霊苑に関する記事

●インド産アーバングレイを使用した、丸みのある柔らかい雰囲気の洋型のお墓が完成しました。ささぐり極楽霊苑の蓮区1.5㎡にて
●濃グレー色が美しい、素彫りで額出し加工を施した縦型の洋式墓石が完成。G654御影石で製作、ささぐり極楽霊苑のコンパクトな自由墓地
●自然風の想いのこもった黒御影デザイン墓石が完成。色鮮やかな色彩花彫刻、ささぐり極楽霊苑。
●ユリの花の彫刻や十字架を銀箔で施した、素敵な赤御影の洋型墓石が完成。キリスト教のお客様、ささぐり極楽霊苑
●ささぐり極楽霊苑にてコンパクトなデザイン墓石が完成。インドクンナム黒御影と中国マホガニー

 

印の場所が、今回お客様がお墓を建立されるところです。広さは1㎡とコンパクトですが、自由墓地なのでご自分の好きなデザインのお墓を建てることができます。

お墓については、初めてのお墓作りということで、お話を伺った当初はご希望もぼんやりとしていましたが、「洋風で、ちょっと変わったデザインがいいな」というお話がありました。そこで実際の施工例やお写真を見ていただくと、お客様のイメージに近いものが見つかり、それをもとに詳細を詰めていく形でお墓作りを進めていきました。

それでは、完成したお墓をご紹介いたします!

 

完成したお墓のご紹介

「絆」「ありがとう」の言葉と、桜のはなびらが印象的な、デザイン性の高いお墓が完成しました!

石の種類は、赤い石がインド産ニューインペリアルレッドという赤御影石、ピンク色は中国の663というピンク色の御影石です。2色の色遣いがきれいですね。

 

今回は、こちらから色々なご提案を差し上げただけでなく、お客様もご自分で様々なお墓を見たり、ネットで情報を集めたりしてイメージを膨らませていき、「こんな風にしたいなあ」とご希望をいただいて、それを落とし込んでいく形で進めました。

 

中央は「絆」という文字です。何を彫刻するかご家族様で話し合われてこちらに決まりました。その後、シンプルに文字のみでもよいものの、なにか自分たちらしいものを・・・ということで、文字の背景に水の流れるイメージ、そのまわりに桜の花びらが舞う様子をデザインしました。水の部分は金箔を、花びらは白い色を入れています。

 

「絆」の下には「ありがとう」の文字も彫刻しました。今回はお墓を建てるにあたり、ご家族で色々と考えて、ひとつひとつ気持ちを込めて決められていました。

 

両脇の桜の花の彫刻には、銀色の箔を貼りました。この銀色の箔は近年使われるようになったもので、昔であれば銀色っぽいペイントを入れたり、代わりに白い色を入れたりしていました。角度や光の当たり具合によってはピカピカ光ってきれいです。

 

花立は、奥様のご希望で、花のつぼみのようなかわいらしいデザインにしました。桜がたくさんちりばめられたお花にぴったりですね^^

 

納骨室の扉部分には、このような大ぶりな桜の花房を彫刻しました。こちらは色を入れなかったので、大ぶりではっきりした彫刻ですが、さりげない上品な仕上がりになりました。

 

踏み石は、市松模様のデザイン性の高いものを選ばれました。白く見えている部分は、文字彫刻と同じサンドブラストという加工をしていますので、雨の日など濡れても滑りにくくなっています。デザイン性だけでなく、機能面も十分です。

 

お墓作りを終えて・・・

お客様にはとても喜んでいただけました!思いの詰まったこだわりのお墓でしたので、お客様のイメージ通りに仕上がっているかな…?という思いもありましたが、完成したお墓には、「想像していたより良かった~!」とご主人様・奥様ともとてもご満足いただけたようでした。工事中にも何度もお越しくださっていましたので、完成を楽しみにしてくださっていることは伝わっていましたが、お墓が完成したあとも何回も霊園に来られていて、「大切にしてくださっているんだなあ」とうれしく思いました。これからも末永く、大切にお参りいただけますと幸いです。お困りのことなどございましたら、いつでもお気軽にお声かけくださいね^^

デザイン墓に関する記事

●「光」の一文字が印象的な、南アフリカ産ラステンバーグ(黒御影石)のお墓。仕上げの違いでコントラストを表現、糟屋郡篠栗町の篠栗霊園にて
●既存の外柵を活かした、個性が光るデザインのお墓が完成。地上式納骨室と透水性土間舗装、大野城市牛頸の福岡中央霊園にて
●インド産(M-10)黒御影を使用したシンプルなデザインの洋型のお墓が完成いたしました。福岡市営西部霊園にて
●インド産黒御影M-10の高級感あるお墓が完成。納骨堂からのお引越し、宗像市ルンビニー墓苑の1.5㎡のコンパクトな墓地
●インド産YKD黒御影とアーバングレーのコントラストが素敵なデザイン墓が完成。カーサメモリア、平尾霊園にて