こんにちは! 福岡県一円で、お墓のお仕事をさせていただいています、平尾石材店の寺田公平です。福岡市東区の街中にある地域墓地にて、お墓じまいをさせていただきましたのでご紹介します!

 

施工前後のわかるお写真

 

ご相談いただいた経緯と状況

ホームページを見てご連絡くださったお客様から、お墓じまいのご相談です。お客様にお墓の場所をうかがって、早速お墓へ行ってきました!

 

こちらがお客様のお墓です。東区の街中の地域墓地で、「こんなところにお墓が?」というところにありました。今の仕事を始める前に、このすぐ近くの会社で数年間お世話になっていた私もここにお墓があることは知りませんでした。もう長いことご遺骨も入っておらず、将来を考えてお墓じまいを考えられたそうです。
 

 

大きくて立派なお墓ですね。お墓は仏様がいらっしゃらないとはいえ、入り口の階段部分や色々なところに傷みが見られました。

 

お墓の後方です。これは納骨室の扉なのですが、このように開いてしまっている状態でした。鉄製の古いもので、錆び付いてしまっています。ご遺骨はないというお話しでしたが、お客様にお電話でご連絡して、念のため中を確認しました。

お客様は忙しくしておられるということで、今回はお電話でのやり取りになりました。費用等もご説明してご依頼をいただき、工事スタートです!

 

工事の様子

工事が始まりました。今回のお墓はご遺骨もすでに入っていないということで、早速工事にとりかかります。まずは、お墓の前方部分から取り外しました。階段や門柱、外柵を順々に取り外していきます。

 

今回はお墓の手前、入り口方向に車を停めて作業したので、お墓手前の方からクレーンで吊って解体・搬出していきました。お墓の一番下の芝台以外、棹石や台石の取り外しが終わりました。

 

芝台を取り外すと、大きな納骨室が出てきました。周りは石で作られていて、内部は左官で塗られていました。しっかりした作りの納骨室でした。こちらも解体します。機械を使って運搬できる大きさに割って、搬出します。

 

工事終了!

お墓本体、外柵や納骨室などすべてを取り外して、真砂土を入れて整地をしたら完成です!

 

お墓左手の貼り石部分はそのまま残しました。現地を最初に確認した際に、貼り石の奥に他のお墓もあったので支障があってはいけないと思い、お客様に確認して今回はお墓の敷地部分のみを取り外しました。

 

お墓じまいを終えて・・・

お電話で完了のご報告を差し上げました。お客様はその後、お忙しい中で立ち寄って完了の確認をしてくださって、「無事に終わってましたね。お世話になりました」とおっしゃっていただきました。ご遺骨もないのでお参りすることもあまりなかったとは思いますが、気にかかっていらっしゃったことが解消して安心されたのではないでしょうか。まだお若い方でしたが、受け継いだお墓のことをきちんと考えていらっしゃる方でした。

今回は、仏様のお引越しが終わったお墓をそのまま維持されてきた方からのお墓じまいのご相談でした。同じようなケースでお墓を維持されている方もたくさんいらっしゃると思いますが、お墓をそのままにしておくと、周りのお墓へのご迷惑なども考えて、お掃除やお手入れなど管理を続けなくてはなりません。でも費用がかかりそうだし、時間もなくてなかなか手をつけられない、とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか? 当店では、事前にきちんとお見積もりを差し上げてしっかりご説明し、ご納得いただいてから進めてまいります。また、お客様のご事情やご都合に合わせて、直接お会いしなくてもメールやお電話でのお見積もりやお打ち合わせのご対応も可能です。安心して、まずはご相談いただければと思います^^

 

福岡市東区でのお墓工事に関する記事

●福岡市東区香椎にある律院公園墓地にて、お墓の彫刻文字の色入れ直しを行いました。
●法名塔への2名様のお名前追加と、棹石裏面・家紋の文字の色替え。福岡市東区三日月霊園の古くからある区画
●正面文字、家紋、建立者、法名碑の文字色入れなおしを三日月山霊園で行いました。白御影石のお墓、すべてを黒色へ
●地下式納骨室の、伝統的な中にもデザイン性のある和型オリジナル墓石が完成。三日月山霊園にて
●最高級黒御影インド産クンナムのスタイリッシュな洋型デザイン墓石が完成です。カーサメモリア、三日月山霊園にて
●文字をお書きになられた想いのこもった佐賀県産天山石の和型墓石が完成。踏み石部分に可愛らしい桜の彫刻、福岡市東区の三日月山霊園にて